デイトレードで利益を出すポイント

hi78 FXのトレード方法は、短期売買と中長期売買に分けられます。デイトレードは短期売買のことで、一日の間に何度も売買を繰り返し、その日のうちに利益を確定させポジションを手仕舞いする手法です。数分から一日でトレードが完了するデイトレードは、わずかな値動きに応じて繰り返し決済を行い、地道に利益を積み重ねて行くものです。ほんのわずかな値動きからまとまった利益を確保する為に、レバレッジを大きくかけて運用します。デイトレードは、短期変動にも敏感に反応するような、百戦錬磨のプロのトレーダーが多く、競争はかなり激しいです。そのため、デイトレードで利益をあげるには、プロに匹敵する経験と知識が必須です。さもないと、すぐにプロにうまみを奪われてしまうでしょう。ではここで、FX比較において、デイトレードで勝つためのポイントを列挙します。

・うまみのありそうなトレンド(値動き)に素早く乗り、集中的に利益をあげる。

・事前に損失額を設定し、その範囲を超えないようロスカットを徹底する。

 ロスカットをするには逆指値が必須となる。

・取引コストはシビアに検討する。

・勝機が微妙な局面では挑戦せず、勝ち目ありと思う時にだけ勝負に出る。

・経験と知識に裏打ちされた自分のルールに則り、忠実に取引を行う。

上記ポイントを徹底して守ることができれば、アマチュアの個人投資家であっても、ツワモノ揃いのデイトレードの世界で利益を出していけることでしょう。

●トレンドを見極めて集中的に利益を得る

トレンドラインのひき方は必ず身につけておきましょう。トレンドとは、相場が上昇傾向もしくは下降傾向を指し示す流れのことです。デイトレードで利益を出すコツは、そのトレンドに沿う形に、つまり「順張り」に集中的な売買を行うことです。利益が見込めるかどうかは、トレンドラインをひくと見極められるようになります。ローソク足の動きを確認し、高値の頂点同士または底値の頂点同士を結んだ線がトレンドラインとなります。ラインが右肩上がりになれば上昇傾向で、右肩下がりになれば下降傾向です。一時的あるいは短期的な変化として、上昇傾向のものが下落することを「押し目」、下降傾向のものが上昇することを「戻り」といいます。また、滑らかな曲線で示したトレンドラインを「移動平均線」といい、過去数日間の終値の平均値を結んだ線のことです。

そして、エントリーするタイミングについてです。上昇トレンドの場合は、押し目を狙って買いの指値注文を出し、天井に達したと判断した時点で売り注文を入れます。損失が想定以上に拡大しないよう、必ず逆指値注文をしておきましょう。下降トレンドの場合は、戻りを狙って売りの指値注文を出し、底をついたと判断した時点で買いの注文を入れます。こちらも同様に、逆指値注文を忘れずに。このあたりがFX 戦略の妙といわれる所以です。なお、損切りは50銭~1円を目安にします。慣れるまでは損切りと利益確定の幅を同一で設定し、徐々に変更していくとよいでしょう。