「自動システムトレード」のプラットフォーム

 FXの取引きを行うにあたっては、現在ではパソコンやモバイル機器などの端末を操作し、その取引システムツールソフトから注文を行いますが、このツールソフトに自動売買プログラムを組み込んだもの、もしくは組み込めるツールソフトの事をプラットフォームと呼んでいます。

このプラットフォームの登場により、投資家と自動売買プログラムとの距離はぐんと縮まりました。
主に「自動システムトレード」を行うために使われるプラットフォームですが、大まかに2つの系統に分かれています。
一つは、システムトレードのルールを決定して、それをプログラム化して自らで組み込んで自動システムトレード化させていく「開発型プラットフォーム」と、あらかじめ用意されたルールがすでに組み込まれており、実際の取引きに際して、設定変更の選択をして使用していく「選択型プラットフォーム」になります。

世の中にはいろいろなプラットフォームがあり、取引業者によってどれを使っているのかは様々なのですが、世界中で今人気を集めているのが「ミラートレーダー」という選択型プラットフォームです。

このプラットフォームは「ストラテジー」と呼ばれる様々な取引戦略をもっています。
しかも選択型ですので、その使用方法はとても簡単であり、ストラテジーや選択の内容も世界各国で活躍するプロの投資家の投資手法が用意されているために、大変有効的になっています。
投資家は、取引きを始める前に、その豊富な選択肢の中から、利用したいものを選択していくだけなので、初心者でも簡単にプロの取引きで投資を行うことが出来るのです。

また、開発型のプラットフォームでは、MT4(メタトレーダー4)が今でも強い人気を持っています。
投資家が自らの取引きルールや条件の設定をプログラムできることなどから、メタトレーダーなどでは出来ない、自分の投資スタイルに合わせたきめ細かな調整が行えるため、上級の投資家たちの間では、特に高い評価を受けており、また、こうした自動売買プログラムが無料、もしくは販売されるなどして配布されていますので、これをMT4に組み込ませて投資取引を行うこともできるため、初心者の投資家でも自動システムトレードを行うことができます。

この2つのプラットフォームが、いま世界中で大きな評価を得ているものになります。
もちろんこれ以外にもプラットフォームは存在し、特に国内の業者では、例えば見やすさに特化した物など、独自開発をしたプラットフォームを使用している所もありますので、業者を選ぶ際にはウェブページでどのプラットフォームが使えるのかを確認するのが良いでしょう。